Tシャツはストレスフリーのオシャレを楽しめるアイテム

Tシャツはとても肌触りもよく機能性重視の衣料品で、老若男女問わず着用しやすいものとなっています。Tシャツの素材によって異なる着用感、Tシャツによくある素材と着心地についてご紹介いたします。

Tシャツをオリジナルで作るのがおすすめなわけ!

オリジナルTシャツ

素材から選べるオリジナルTシャツ製作

Tシャツにはストレスなく着用できる衣料品ということで、機能性の面でとくに重宝されている、そんなアイテムとなっています。
勿論ファッションアイテムとしても重宝されており、そのシンプルさを活かしたコーディネートやアレンジができるためわざとオーバーサイズのものを購入したり、また切りっぱなしのデザインを楽しむなどTシャツは手を加えることによって形を変えやすく、リメイクなどもしやすい衣料品となっています。
ではこのTシャツ、伸縮性に富みストレスなく着用しやすいものとなっていますがどのような素材を使われているのかでかなり着用感が変わります。
基本的にTシャツに昔から使われている素材は綿で、人との関わりに長い歴史を持つ綿は肌着などに使われるほどに皮膚に優しく、敏感肌な赤ちゃんの服にも使われているほどとなっています。
夏場の衣料品としても最適で、肌触りだけではなく吸汗性にも優れており、汗をしっかり吸ってくるメリットがあります。
デメリットとして綿の性質上洗濯を繰り返すと色褪せや毛羽立ちがどうしても目立ってしまうという点です。またすぐにシワになってしまう為、綿のTシャツはとても着心地はいいものの、あまり長持ちはしないという印象を持つ方も多いです。
実際どうしても色あせてしまうので、よほどでないと綿のTシャツにあまり高いお金を出す人はいないです。
また店頭でも綿のTシャツは比較的安価に販売されていることが殆どで、あまり長持ちはしないものといった目線で販売、購入されている部分もあります。
勿論洗剤や洗い方に注意すると長持ちさせられるかもしれませんが、Tシャツの最大のメリットは機能性と同時に手入れのしやすさなので、そこまで考えてTシャツを扱う人は少ないものです。
お気に入りのTシャツなら色褪せていくと、そのまま部屋着として活用するなど、破れにくいという点はとても優れているので最後まで使っていただくことはできます。
綿は最もメジャーとも言える素材ですが、近年ポリエステルなども着心地が追及されており、特に通気性や速乾性に優れた素材なためスポーツ用のTシャツとしても重宝されています。
また飲食店の制服にも使われていることが多く、シワにもなりにくいので扱いも簡単、見た目の崩れも気にしなくて済みます。
多少綿よりごわつく感じなど、着心地の面が劣り敏感肌の方はあまり好きではない素材ともなっています。
ですがこの綿とポリエステルのいいとこどりをした素材もあり、それが混合繊維です。
綿とポリエステルを着心地重視か、速乾性重視か、シワになりにくさ重視か…できるだけ重視したいポイントを押さえつつよりほかのメリットを活かせられるようにしたものが混合素材です。
綿とポリエステルの割合によってこれら着心地や速乾性などは変わり、ポリエステルが多いと速乾性に、そして綿が多いと着心地がよくなります。
最もバランスよく考えるなら約半分ずつの割合で混合することにより、こうしたメリット両方をバランスよく取り入れることができます。
編み方によっても通気性などが全く異なり、夏服や冬服によって異なる織り方になります。
素材が同一でも織り方によっても変わるTシャツ、シンプルに見えますがさまざまな製法を用いているため快適に着用し、オシャレにも活かされやすい衣料品となっています。
また綿やポリエステルだけではなくレーヨンなどの素材もあり、商品によってこれら素材を組み合わせているものがTシャツです。
最近増えているオリジナルTシャツの業者でもさまざまな素材のTシャツを取り扱っているので、用途によってこれら素材から選ぶこともできるようになっています。

幅広い場面で使えるTシャツ

普段着や部屋着も見越して使用するTシャツにはやはり綿のものが適していますが、オシャレを楽しむ場合シワになりにくいものを選んだ方が綺麗に見えます。
そのため着心地もよく、シワになりにくい割合で綿とポリエステルが混合された素材のTシャツを用いることもあります。
両方の良さをバランスよく取り入れているTシャツなら普段のファッションのコーディネートとしても利用しやすい上に、段々劣化していった時はそのまま部屋着やパジャマ代わりに利用出来るのでお気に入りのTシャツを最後まで着ることができます。
綿生地はとても着心地がいいのが特徴、その代わり毛羽立ちなどの難点もありますが、やはり普段着などに重宝される素材には変わり有りません。
そんな綿とポリエステルの混合素材、あるいはレーヨンいりの柔らかい混合素材などは着心地もそのままに、普段着、ファッション、部屋着、さまざまな着方を快適にできる、そんなアイテムとなります。
普段着用するものは、やはり着心地とデザインを重視したいもの、着心地は勿論、綿はとても染まりやすくさまざまなカラーバリエーションが揃っていることが殆どです。
オーバーサイズでワンピースのような着方をする場合など、色の種類が多い方がコーディネートのバリエーションも広がるので、こうしたTシャツは人気のアイテムとなっています。
普段着の目的とはまた違い、スポーツウェアなどに使いたいTシャツはまた混合素材の割合が異なるものを用意されていることが多いです。
オリジナルTシャツでも着心地重視の素材のTシャツと、スポーツに適した素材を使っている、そんなTシャツも用意がある場合が殆どとなっています。

機能性抜群のTシャツをオリジナルで作ろう!

ポリエステルの割合が多いとしわになりにくく、速乾性が高い素材となり、それで作られたTシャツはスポーツ用としてとても優れたものとなっています。
また速乾性があるという点で運動量が多い飲食店の制服としてもこういったTシャツを採用されている場合も多く、皺になりにくい分見た目も崩れにくい、そんなメリットもあります。
ややごわついているのでそれ一枚で着るよりも中に肌着をしっかり着用したほうがいい場合が殆どではありますが、汗をかくシーンでの着用に適した素材となっています。
それで作られたTシャツはやはり最も多い用途がスポーツや仕事の制服としてです。
ファッション用としても活用されているときは多いですが、どこかユニフォーム感がある仕上がりになるので、スポーツチームのユニフォームなど普段着よりもしっかり目的があって利用されることが多いです。
ファッションでそういったユニフォームを着用する場合も勿論ありますし、コーディネート次第ではとてもオシャレな着こなしができますが、目的としては汗をしっかり吸って速乾性があるTシャツがほしい、そんな時にポリエステル生地のTシャツは重宝されている傾向があります。
ですがポリエステルだけだと敏感肌の人にとって少しごわつくなど落ち着かない着心地であることも多いです。
その着心地を緩和させるためにも、少し綿をいれた混合素材をこうしたユニフォームや制服に採用している事もあります。
オリジナルTシャツなどを製作する場合、勿論ポリエステルのTシャツも快適なものとなっていますが、綿のTシャツに比べて着心地の面で劣るのを見越し、それでも着心地が少しでも良いものを探すならポリエステル多めの混合生地のTシャツを選ぶと、ちょうどいい場合があります。